本湖月 (ほんこげつ) 懐石料理 法善寺横町 大阪市中央区道頓堀1丁目7−11

懐石料理

本湖月 (ほんこげつ) 懐石料理 法善寺横町 大阪市中央区道頓堀1丁目7−11

四季を彩る国産の食材の味わいとともに日本文化を器で愉しむ、ハレの日の懐石料理。

石畳の細い路地に、小料理屋やバーが軒を並べる難波千日前の”法善寺横町”。ここに、ミシュラン二つ星を獲得した一軒の日本料理店がある。贅を尽くした数寄屋造りの空間、しつらえ全てが洗練された「本湖月」だ。樹齢600年を越える檜のカウンターの奥で板場に立つのは、「吉兆」本店での修行経験を持つ店主の穴見秀生氏。厳選した国産の食材のみを使用し、その素材の持つ素晴らしさを最大限に引き出すことを真髄とする。料理は伝統的な茶懐石の流れを守りつつも、古さを感じさせない繊細かつ奥深い味わいに。献立のメインでもある「煮物椀」はまるで玉手箱のよう。宇宙に見立てた丸い椀の中に料理人として「物語」を作ると言う穴見氏は、美術品や器などの日本文化にも造詣が深く、そのコレクションの一部である器との出会いも楽しみの一つだ。



この投稿をInstagramで見る

春野菜。

Takashi Matsumotoさん(@takashi_mtmt)がシェアした投稿 –

〒542-0071 大阪府大阪市中央区道頓堀1丁目7−11

06-6211-0201

17時00分~20時00分

定休日 日曜日

コメント

タイトルとURLをコピーしました